パソコンセレクトsite - メーカーパソコンを比較して購入できる便利サイト - 

用語集

〜 L2キャッシュとは 〜

レベル2キャッシュの略で、2次キャッシュメモリともいいます。CPUが頻繁にアクセスするデータを一時的に保存するための高速なメモリのことです。CPUの高速化に伴い、メインメモリへのアクセス速度がシステム全体のボトルネックとなるケースが増えてきました。そこで、頻繁にアクセスするデータをメインメモリよりも高速なメモリチップに一時的に保存し、まずそこにアクセスする事で、全体の処理速度を上げようというのがキャッシュメモリの考え方です。なお、L1キャッシュという容量の小さなキャッシュメモリがCPUの内部に内蔵されていて、これはL2キャッシュよりもさらに速いです。最近はL2キャッシュまでをCPUに内蔵し、外部にL3キャッシュを設けているシステムもあります。

用語集一覧